交渉時のテンプレート

物販

メルカリ・ラクマでの購入の際の値引き交渉術を公開!|これで業者も見分けられるよ

更新日:

不用品をフリマアプリのメルカリラクマで販売する際や、反対に交渉してより安く購入する為の交渉術

書店に行けば簡単に入手できる情報ですが、そこまでの手間とお金を掛けてまで知る必要もないかなと思っている方へ。

本日は、特に大した事はないですが、しかし重要で効果的な交渉術のテンプレートをご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

値切りの際のルール

では、早速実例を見ていただきましょう。

※私デルが出品者で、お客さんが交渉術を使っている実例です。

 

出品物5,500円の商品

コメント失礼いたします。

4,000円でお譲りいただけないでしょうか?

デル
コメントありがとうございます。

4,000円は難しいです。

お返事ありがとうございます。

おいくら迄でしたらお値引き可能でしょうか?

 

この流れがメルカリやラクマでの、値引き鉄板のテンプレートでございます。

 

コメントの意図と心理的な作用

言葉使い

まず着目すべき一つ目の点は言葉遣い句読点をしっかりと使っているという点にあります。

これがしっかり出来ていれば確実に相手に好印象を与える事が出来ますので、安くできる可能性が高まります。

 

初めの提示額

5,500円の商品に対して、初めての提示額が4,000円と結構な値下げを要求していますね。

これは、お客側からすれば、そもそも4,000円に値下げしてもらえるとは思ってないのです。

もし、この金額でOKが出ればラッキー位のスタンスなんです。

 

では、なぜ断られる可能性が高い金額を提示するかというと、一旦大きく低い金額を意識させる事により、その後の交渉時に出てくる金額への抵抗を少なくする作用があるのです。

 

相手に金額を言わせる

初めての金額の提示を行なった後に、断りの言葉が帰ってきます。

ここで、自分から少しずつ刻んでいく方法もありますが、これは相手に面倒な奴とおも荒れる可能性が高いので、お勧めしません。

なので、この場合の最適な返答としては相手に金額を言わせるというものです。

これにより、相手がいくら位なら販売しても良いかという目安を知る事が出来ます。

多くの場合、この質問に対する返答でいただける金額よりも、もう少し下げても売ってくれる事が多いです。

 

安く購入するテンプレート

ラクマ・メルカリで値切りしやすいコメントの交渉術

このように、結構簡単な文章ですが、色々な技術が詰まっている文言になっていますので、そのまま使いまわしてしまっても十分と言えるでしょう^ ^

1,コメント失礼いたします。

 ○○円でお譲りいただけないでしょうか?

 

2,お返事ありがとうございます。

 おいくら迄でしたらお値引き可能でしょうか?

 

 

テンプレ使用=業者?

このテンプレートの知識がある事は、安く購入できるというメリットはもちろんありますが、逆に出品時にこのテンプレートの文章で交渉してくる人が業者である可能性が高いという事にも気付けます。

 

特に業者だから良い・悪いという事はありませんが、比較的取引に慣れている方が多いので、出来るだけトラブル少なく取引したい方は、敢えてこういった業者と取引して見ても良いかも知れませんね^ ^

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
デル

デル

会社員デル。多趣味でいくつになっても色々な事に興味津々な関西人。副業を初め、日常で気になった事をブログに残しております。

-物販
-,

Copyright© 会社員デルの検証ブログ , 2018 All Rights Reserved.