ipadkeyboard

apple

新型iPad(2018年)でワードプレスの作業ができるか検証しました!俺の失敗を越えて行け!

投稿日:

私が新型iPadを購入した理由は、Apple Pencilに対応したことに加え、本業の昼休みに副業を行う際、MacbookProを持ち運びせずに済むように、という目的で購入しました。

が、ある疑問点が購入後に沸いてきたのです。

「果たしてコイツで、ワードプレスの更新が出来るのだろうか」と。

スポンサーリンク

新型iPadスペックとアクセサリー

現在使用している新型iPad(2018年)はWi-Fiモデルの32GBモデル。

これに、画面保護用のシートをつけ、ロジクールのキーボードを使用しています。

補足

ちなみに、上記キーボードは2017年製のiPad用として発売されましたが、サイズも一緒である新型iPadでも利用は可能です。

 

新型iPadでのワードプレス使用可否

iPadでは難しい

まず、結論から言うと、新型iPadとロジクールのキーボードの組み合わせで、ワードプレスの更新は可能でございます。

ただし、「可能である」というだけであって便利か不便かで言えば、圧倒的に不便なのです(汗)

不便その1:文字変換

まず一つ目の不便な点は、文字変換の候補の表示が画面上に出たり出なかったりするという点にあります。

pagesやメモアプリ上では、何の問題もなく変換の候補が表示されます。

 

しかし、なぜかワードプレスで文字変換を行うと、この様に上部に候補が表示されたり、

iPadの文字変換

最悪画面内に変換候補が表示されず、上にスクロールしないと見れないという状況になることもございます。

 

不便その2:タグメニュー

次の不便な点として、タグメニューなどがあげられます。

PCでの作業の場合は、タグや文字装飾のメニューは記事を進めても画面上部に固定されて表示されるので、その場その場で装飾が可能です。

しかし、iPadで作業する場合はなぜかタグメニューは定位置から一切動かず、装飾をするためにいちいちページの最上部までスクロールする必要があるのです。

デル
スクロール時に間違って別の文章にタップとして認識されると、発狂してしまいそうになるレベルでしたw

 

不便その3:エリア選択

この点については、新型iPadを購入する前からある程度は覚悟していたのですが、実際に使ってみると文字群のエリアの選択が超メンドイ!

もっとわかりやすく言うと、この様に「特定の部分」のみに装飾を行う場合、「特定の部分」を選択する必要がございます。

この選択作業が、iPadだと画面を長押し選択選択範囲の選択(ややこいw)という手間の多い作業が必要になります。

そして、ここから「その2」で紹介した装飾のためのスクロールが必要になりますので、まぁ大変。

デル
もともとその気は無かったけど、やはりiPadをメインに作業は無理ですね。

 

新型iPadを使ったワードプレス活用方法

上記のとおり、新型iPadといえどPCとは性質が異なりますので、やはり同じ方法では全く作業が捗りません。

そこで、「完全に役割分担を分ける」という方法でワードプレスの運用を行う事にしたのです。

iPadで行う作業範囲

前述の通り、iPadでワードプレスを1から10まで作業するのは、すさまじく気持ちが萎えてしまいます。

よって、(あくまで私の場合は)記事にする文章はpagesにて作成し、作成が完了した時点でそれを全選択&コピー→ワードプレスにペーストという流れで行います。

※上記で案内したロジクールのキーボードであればショートカットキーは使えますが、他のキーボードでは使えない事がありますので、注意が必要です。

詳細はこちら

新型iPad(2018年)用にペンやキーボードを購入する時の注意点!私はこれで失敗した。

あとはMacbookで完成させる

前述のとおり、pagesであれば文字変換も問題なく行えますので、文章作成自体は非常にスムーズです。

そこまで出来れば、あとは自宅にあるMacbookにてh2タグや文字色の装飾、アフィリリンクの挿入などを行い完了です!

おそらくアフィリ記事の外注をされている方は、こんな感じで作業しているでしょうから、iPadは外注作業でできる範囲まで、それ以降は自宅で作業、という区分けになります。

デル
ワードプレスへ直接入力してくれる外注さんも居るようなので、一概には言えませんけどね^^;
スポンサーリンク

 

ワードプレスにはiPad作業は不向き

ワードプレスにはオススメできない

結論としては、新型といえどiPadでワードプレスのすべての作業を行うことは可能ではあるが、超絶面倒くさいという事になります。

ただ、完全に文章作成用として持ち運ぶ分には、コンパクトでかなり有用なデバイスといえるでしょう。

ただ、これがもし持っているPCがMacbookAirなどである場合は、iPadは不要・・・。

デル
・・・失敗しちゃったかもw

まぁ、penが対応しているので、画像などのアレンジが出来るので、全くの無駄ではなかった、のではないかと思い込みます!

もし、同じような使い方を検討されている方は、ホント要検討です!!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
デル

デル

会社員デル。多趣味でいくつになっても色々な事に興味津々な関西人。副業を初め、日常で気になった事をブログに残しております。

-apple
-,

Copyright© 会社員デルの検証ブログ , 2018 All Rights Reserved.