apple

新型iPad(2018年)用にペンやキーボードを購入する時の注意点!私はこれで失敗した。

更新日:

新型iPad(2018年)を購入し、それ専用に高価なApple Pencilではなく安価なペンと、外出先で記事の更新ができる様に新型iPad対応のキーボードを購入しました。

しかし、この2点の購入で、あるチェック項目を確認しなかった為に送料を払って返品すると言うとんでもないミスをしてしまったのです。

と言うことで、本日は私が実際に購入した商品とどういったミスをしてしまったのか、注意点とともにご紹介いたします。

 

スポンサーリンク

新型iPad用に購入したスタイラスペン

まずは、今回購入したスタイラスペンについてご紹介いたしましょう。

純正のApple Pencilは高いし、Logitechで発売されるクレヨンについては日本で発売される時期が未定ですので、「一旦購入して使ってみる」と言うスタンスでこちらを購入しました。

商品説明にもある様に、静電気方式での利用で充電式のスタイラスペンでございます。

私のiPadにはノートアプリをインストールはいていないので、、標準で搭載されているメモアプリでその書き心地を試してみる事にしました。

デル
余談ですけど、ノートアプリは
どれも結構なお値段しますね(汗)

 描き心地はOK!

まずは肝心な書き心地ですが、かなり良いです。

デル
これに関しては、アマゾン内にある商品レビューの通りかと存じます。

ちなみに、画面に直接ペン先でカキカキするのには抵抗がありましたので、電気屋さんのショップに相談してペンの使用に影響が出ないと言われたこちらをiPadにつけてからの使用となります。

細かい動きで不具合が

色々な文字を記入し、特に問題ないかと思っていると、ある2点の文字の際に使いづらさを感じる事がありました。

その2点とは、「ば」や「が」などの濁点を書く動作の際に妙な事になっていたのです。

通常の・・・に関しては難なくかくるのですが、濁点を書く際に短い傍線が何故か「・」と認識されてしまうのです。

これを回避するには、ペンの動きを素早く動かすのではなく、少しゆっくり目に動かす事で回避が可能です。

 

また、濁点以外にも文章の最後につける句読点の「。」がうまく書けたり書けなかったりと、あまり安定した文字ではありませんでした。

こちらもゆっくりと書く事で回避は可能なのですが、ゆっくり書く事が意外とストレスになるので、個人的にはかなりのマイナス点でした。

 

ただ、スタイラスペンに関しては、そこまで私の利用用途としては重要ではないので、そのまま利用させていただく事にしました。

 

iPad(2018)対応のキーボードは要注意!

今回の新型iPadは前機種であるiPad Proで利用できるスマートキーボードに非対応ですので、別で調達する必要がございます。

もちろん、Apple StoreのアクセサリーでLogicool製のBluetoothキーボード搭載が販売されていますが、1万円越えでなかなかの出費となってしまいます。

デル
折角安くiPadを購入したんだから、
キーボードもコストを抑えたい!!

と考え、アマゾンさんで新型iPadに対応しているものがないか探してみたところ、こちらの商品を見つける事ができました!

そして悲劇が始まったのです・・・。

日本語JISではない!

まず、1点目のミス。

それは、このキーボードが日本語JISではないと言う点です。

もちろん普通に日本語入力で使うことはできるのですが、微妙にキーの配置が異なるため、かなり使いにくいです。

現状、私は我流の半ブラインドタッチで入力しているのですが、このキーボードに関してはかなりタイピング速度が落ちてしまいます。

 

ショートカットキーが使えない!

2つ目のミスは、なんとショートカットキーが一切使えないと言う点です。

こればっかりは勝手な先入観で、全てのキーボードで使えるものだと考えていたので、盲点でした。

私の場合は、本業の休憩時間などの隙間時間に作業できる様にとiPadを購入したので、文章のコピペに時間がかかってしまうとかなりの使い勝手の悪さを感じてしまうのです。

キーボードでショートカットキーが使えないとなると、iPadでタップ長押しや選択などを行なってコピペをする必要が出てくるので、かなりの時間を浪費してしまう事になります。

デル
と言う事で、
このキーボードは
私の求める物ではございませ〜ん!

返品しまぁ〜す。

デル
余談ですが、キーボードの左上が剥がれていたので、そもそも欠陥品としても返品ものでした。

 

ショートカットキーが使える新型iPad対応キーボード

ipadkeyboard
もちろん、使い勝手の悪い上記のキーボードを持っていても意味がないので、本日の隙間時間に元払いで返品手続きをしてきました。

デル
あ〜、コスパ良かったのにな〜。。。

という事で、今度は以下の条件をクリア出来るキーボードである事で探すことにしました。

・jisキーボード

・ショートカットキー使用可能

 

ただ、残念ながらこの両方を満たした商品がなく、最終的に辿り着いたキーボードは、やはりAppleも推奨していたロジクールのキーボードでした。

※最新のものではなく旧式のものでも新型iPadに対応しているので、こちらを改めて購入。

このキーボードで、難点を挙げるとすれば、スタイラスペンの収納がない点でございます。

ですが、ペンを使うのは自宅のみで外出先では主に文章の作成のため、今後はこのキーボードを相棒にしていこうと思います。

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
デル

デル

会社員デル。多趣味でいくつになっても色々な事に興味津々な関西人。副業を初め、日常で気になった事をブログに残しております。

-apple
-,

Copyright© 会社員デルの検証ブログ , 2018 All Rights Reserved.