ブログ

【結論】質の高い記事とはどんな記事?私の出した答え

投稿日:

質の高い記事とは

ブログの記事を書いていると必ず言われることが、質の高い記事を書きましょうということです。

質の高い記事を書けば検索エンジンから気に入られて上位表示さらる。

質の高い記事を書けば読者に気に入られてファンができる。

質の高い記事を書けばコンバージョンにつながる。

どうやら質の高い記事が書ければいいことづくしのようだけど、いったいどんな記事を書けばいいのでしょう?

質の高い記事の私なりの答えを書いていきます。

スポンサーリンク

よく言われる質の高い記事

SEOなどの勉強をしていると頻繁に言われるのが質の高い記事とは読者の役に立つ情報が掲載されているものであるです。

私はこの説明をみて感じていたのは、読者にとって役立つ記事って結局どいう記事?でした。

文章量の多い記事は質の高い記事だろうか?

読者の役に立つ記事とは情報量が大量に掲載されていて、一つの記事を読めば一通りの情報が網羅されている記事でしょうか?

文章が長い記事でもすでにネットに公開かいされている情報をただまとめて一つの記事にしているだけでは、読者にとって本当に役に立つ情報だとはいいきれません。

調べものの時短として役には立ちますが、検索結果に一つ記事があれば役目は十分です。

(検索結果をみると全部同じ内容の記事ばかりが掲載されていると思いませんか?)

専門家が書いた記事は質の高い記事だろうか?

Googleの検索エンジンでは信憑性の高い記事が上位表示されて質の高い記事だというように言われます。

信憑性の高い記事の代表例としては、その道の専門家やプロが書いた記事はそれに該当します。

医療系の記事を書くのなら、医療についてど素人の一般人が書いた記事と医師免許を持ったお医者さんが書く記事では、お医者さんが書いた記事をみんな信用するはずです。

しかし、いくらお医者さんが書いた記事でも一般論的なことを書いた記事ならそもそも知っている知識で特別なものではありません。

さらにお医者さんの中でも見解が分かれる場合もあり必ずしも信憑性が高いとは言えないのではないでしょうか。

私が考えた質の高い記事とは

私が考えた質の高い記事とは、文章量が多い記事で情報を網羅しているものでも、専門家やプロが書いた記事でもありません。

(もちろんこれらの条件を満たしていればマイナスになることはありません。)

結論をいうと、【実体験に基づく記事であり、その過程のデータが根拠として示せるもの】です。

とても単純で難しくない結論です。

記事の内容は自分自身が実際に経験をしたこと(実験をしたこと)を書きその結果でた結論を書くことが質の高い記事と言えます。

また、実際に経験をしたからこそわかるデータや情報を公開することでその信憑性が担保されます。

実際に自分で経験した内容なので、ライバルと記事の結論が同じだとしてもその結論に至る過程は人それぞれ異なるものになります。

それが他社との差別化であり、再現性を保証できることで読者の役に立つ情報となりえるのです。

以上が私が結論に至った質の高い記事です。

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
デル

デル

会社員デル。多趣味でいくつになっても色々な事に興味津々な関西人。副業を初め、日常で気になった事をブログに残しております。

-ブログ
-, , ,

Copyright© 会社員デルの検証ブログ , 2019 All Rights Reserved.