オススメの格安スマホ会社

ブログ

格安スマホマイネオの意外な落とし穴!注意が必要な項目を列挙します。

投稿日:

現在、私のスマホ事情は、

・iPhone6(auキャリア)

・マイネオ(格安SIM)となっております。

で、そろそろ3大キャリアで契約して、iPhone7を入手しようと考えた時、初めてマイネオの落とし穴に気付いたのです。

 

スポンサーリンク

格安スマホ会社の裏事情

格安スマホマイネオのメリットと特徴

現在、私が利用させていただいている格安スマホのマイネオ(mineo)ですが、非常にお得に使えるメリットを持っています。

低価格の料金設定

まずは、何と言っても3大キャリアでは到底かなわない低料金プランでしょう。

データ通信3GBで1510円、私の場合はこれに通話定額プラン840円を付け、月額2538円+通話料(30分をオーバーした分)。

なので、3大キャリア平均の1/4程度のコストで使用する事が出来ていました。

 

auキャリアの携帯をそのまま使える

次にマイネオではauキャリアの端末をそのままSIMカードの入れ替えだけで使う事が可能なのです。

※iPhoneシリーズの場合は、使用にあたり構成プロファイルのダウンロードが別途必要。(無料)

なので、わざわざマイネオ専用の端末を購入する必要もないのです。

 

au回線で他社通信より安定

他社さんの格安SIMの多くはdocomo回線を利用しているそうで、この回線は朝昼夜の一番通信を利用する人口が多い時間帯では速度が遅くなる現象が出ているようです。

しかし、その点マイネオはau回線の方での契約であれば、そこまで回線速度の低下を感じることはありませんでした。

 

 

マイネオで気を付けるべき点

マイネオの手数料がクソ高い

さて、ここからがマイネオを始めとした格安SIM会社の注意点です。

iPhoneのテザリング不可

まず一つ目は、iPhoneユーザーの中でもiPhone自体をWi-Fiルーター代わりにできるテザリング機能についてです。

実は、格安SIMでのiPhoneではこのテザリングを使えないのです。

私はこの事実を知らずに契約したので、外出先でネットを使ったパソコン作業ができる場所が非常に限定的になってしまいました。

(それこそ、超混んでいるスタバとかに限定されたので、何かと不便でした)

 

稀に不具合が発生

次の気をつけるべき点は、不具合についてです。

一応、マイネオさんの方でもSIM変更後に不具合が出ないかの動作確認はされているようですが、どうやら特定の条件が揃うと未だに不具合が発生するようなのです。

私のauキャリアのiPhone6でも稀に電波が一切拾えなくなる事があります。

(この場合、機内モード→機内モード解除で大抵は元通りになります^^)

 

最大の注意点

これは実際のマイネオさんのHPに記載のある文言なのですが、

「マイネオなら2年縛りなし!いつでも解約できる!」とあります。

格安SIMマイネオの解約手数料

皆さんならこれをご覧になって、どのように解釈されますか?

私の場合、「いつでも解約手数料なしで解約できるんだ」と考えました。

事実、「いつでも解約手数料なしで解約できる」は正解なのです。

ただ、別の所で結構な縛りがあったのです。

それは、MNP(ナンバーポータビリティ)の事務手数料が1万円を軽く超える物だったのです。

 

デル
2年縛りと似たようなもんやん!

 

そうなんです。

電話番号を別のキャリアで引き継ぐ際には、MNPの申し込みが必要なのですが、この手数料に大きな金額を請求する事で顧客の流出を留めていたのです。

ちなみに、1年以上継続利用している場合は、この手数料は2160円で済みます。

 

MNP転出手数料を避ける方法

現在、私の利用期間が8ヶ月なので、今他社で利用するとなると1万3000円程度の手数料が発生してしまいます。

この手数料を回避する方法としては、MNPではなく単純に解約して新しい電話番号で取得する他、方法はないのです。

 

う〜ん。

どうしたものか。

もう少し待ってiPhone7sかもしくはiPhone8が出るのを待とうかな・・・( ´ ▽ ` )

スポンサーリンク
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
デル

デル

会社員デル。多趣味でいくつになっても色々な事に興味津々な関西人。副業を初め、日常で気になった事をブログに残しております。

-ブログ
-,

Copyright© 会社員デルの検証ブログ , 2018 All Rights Reserved.